【野草】カラスノエンドウの食べ方・旬や自生場所、特徴や見分け方などを解説

食用可能な植物

日本のあちこちに自生し雑草として扱われている、カラスノエンドウ(ヤハズエンドウ)の食べ方を紹介しているページです。

スポンサーリンク

カラスノエンドウの基本データ(旬・食べ方や味)

クセがなく美味

可食部

新芽、花、若い鞘

認知レベル

雑草として扱われる

名称 カラスノエンドウ(烏野豌豆)
別名 ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)が正式な和名
分類 マメ科ソラマメ属
学名 Vicia sativa
原産地 地中海沿岸
分布 本州、四国、九州、沖縄と広く分布
春先~初夏、若芽、若い鞘を選ぶ。花は3月~5月頃に咲く
食べ方 天ぷら、若芽をおひたし、鞘を味噌汁の具など
自生場所 河原や空き地などの日当たりの良い場所

カラスノエンドウの旬

123456789101112

カラスノエンドウの採り方

カラスノエンドウは成長すると硬くなりやすいので、芽もサヤも若いものを選んで摘み取りましょう。

若い葉は茎の付け根から、サヤも手で簡単に摘めます。アブラムシが付きやすいので、苦手なら虫が付いていない綺麗な物を探して採集しましょう。

カラスノエンドウの味

若芽は豆苗に似るとされています。若い鞘は甘みがあり美味ですが固くなりやすいので、できるだけ若いものを選ぶと良いでしょう。

カラスノエンドウの下処理

筋が強い植物なので固そうな部分は予め取り除いておきます。おひたしにする場合は茹でて水にさらしてから調理しましょう。

カラスノエンドウの見分け方と特徴

カラスノエンドウ(ヤハズエンドウ)は雑草として扱われ、日本のあちこちに普通に自生しているマメ科の野草

特徴 カラスノエンドウは越年草で、正式名称はヤハズエンドウと呼びます。河原や空き地等の草むらにごく一般的に自生しており、とても身近な植物です。古代では作物として栽培されていましたが現在は雑草化し、野草料理を好むごく一部に利用されるのみとなっています
高さ 60~150cm
花の形と色 ピンク、薄紫色
果実・種子 小さい絹さやのような豆を付けます
8~16個の小葉が対になっており、先端にツルが出来ます
黒っぽい花外蜜腺かがいみつせんがあり、蜜を分泌します
似ている植物 スズメノエンドウ、カスマグサ
毒性 豆類にはレクチンが含まれているので十分に加熱調理する事

カラスノエンドウの葉や茎

カラスノエンドウの葉。葉は新芽が食用になる

カラスノエンドウの花

カラスノエンドウの花。カラスノエンドウの花も食用になる

カラスノエンドウの実や種

カラスノエンドウの鞘(豆)。市販の絹さやより小さく固くなりやすいので、なるべく若い鞘を摘んで食べる

熟したカラスノエンドウの豆。熟すと黒くなり固くなる

タイトルとURLをコピーしました