フィカス・プミラの育て方

観葉植物

フィカス・プミラは丸く小さな葉っぱが密集して茂るクワ科の観葉植物です。

鉢植えやハイドロカルチャーによく利用されるフィカス・プミラの育て方をこのページで解説しています。

スポンサーリンク

フィカス・プミラの特徴

原産地は日本、東アジアで、常緑性の低木でありクワ科フィカス属になります。

つる性で、葉は緑、もしくは白や黄色の斑入りのものがあります。

もともと原種のフィカス・プミラには斑模様は入っていませんでしたが、園芸用として販売されているものには斑入りのものも多いです。

生命力が強く成長も早いプミラは放っておくとどんどん蔓をのばしていくので適度に剪定をして整える必要があります。

高温多湿を好みますが、耐寒性もあり0度までは問題なく過ごせるため越冬が容易です。

フィカス・プミラはゴムの木類なので樹液には十分注意が必要です。

過剰に構える必要はありませんが、体質によっては樹液が皮膚に触れると蕁麻疹が出たりかぶれることもあります。

耐陰性はありますが、日光が大好きな植物なのでなるべく日の光の入る明るいところに置くようにしましょう。

基本データ

難易度 簡単
価格 3,000円~4,000円(ミニサイズであれば百円均一で売っていることもある)
成長速度 速い
花・種 花は咲かない(イチジクと同じで果実の中に花が入る)
日照量 日光を好む
温度 耐暑性、耐寒性が共に強い
湿度 多湿を好む
花言葉 あなたは私を元気づける、知識

フィカス・プミラが好む環境

日当たりと置き場所

日の光が好きなプミラですが、耐陰性も高いため、薄暗い室内でも育てることができます。

ただし、いつも日陰に置いていると日照不足になってしまうので適度に日光浴をしましょう。

春や秋の穏やかな日差しであれば問題はないでしょう。

しかし、真夏の刺すような直射日光は葉焼けを起こす可能性があるので気を付けましょう。

春~秋にかけては外で育てることも出来、耐寒性が強いので冬に雪が降らないような地域であれば庭植えができます。

屋内で育てる場合

フィカス・プミラは耐陰性があり、室内でも問題なく育てることができる植物です。

ただし日照不足になると元気がなくなって枯れてきてしまうので、日陰で育てる場合には定期的に日光浴をするようにしましょう。

薄暗い室内でも育ちますが、できれば明るく風通しの良いところに置くと元気に育ちます。

真夏は高温の上に直射日光が強すぎて葉焼けを起してしまうことがあるので、レースのカーテンなどで光を遮るようにしましょう。

真夏以外は日光にあてても大丈夫なので、きちんと日光浴をしましょう。

屋外で育てる場合

耐寒性の強い植物なので、雪が降らず、霜が降らない地域であれば庭植えができます。

真夏の暑い時期に直射日光を長く浴びると葉焼けを起してしまうので、遮光ネットなどで光をさえぎってあげましょう。

ただし、気温が0度を下回ると枯れてきてしまいます。

霜などが降りるほど気温が低くなるようであれば、新聞紙や段ボールなどできちんと保温してあげるといいでしょう。

温度・湿度

高温多湿を好みますが、あまり湿度が高すぎると根腐れを起してしまいます。

常に土が湿っているような状態も苦手です。

耐寒性は強く、15度を下回ると成長が緩やかになり、10度以下になると休眠してしまいますが、0度までは枯れずに耐えることができます。

乾燥には弱いので、葉は常に葉水で潤しておくといいでしょう。

用土

特に土を選ばない植物ではありますが、水はけが悪いと根腐れを起してしまうので、できれば水はけがよく、栄養豊富なものを選びましょう。

基本的には市販の観葉植物用の土で大丈夫です。

自分でブレンドする場合は腐葉土と赤玉土を混ぜるといいでしょう。

鉢の表面に赤玉土や鹿沼土を入れるとコバエの発生を防いでくれます。

フィカス・プミラを上手に育てるコツ

水やり

春~秋にかけては土の表面が乾燥したらしっかりと水をあげましょう。

ただし、水にあげすぎは根腐れの原因になりますので、気を付けましょう。

水受け皿に水が溜まっているのであればきちんと捨ててください。

冬には休眠するので通常であれば水は土が乾いてから2~3日後にあげればいいですが、屋内で気温が常に15度以上ある環境であれば休眠せずに成長を続けるので、そういったときには水は土が乾いたらあげるようにしましょう。

葉水

フィカス・プミラは乾燥が苦手です。

とはいえ、常にに土が湿っている環境も得意ではないので、とくに休眠してしまう上に空気が乾燥する冬場に、水やりを少なくするときなどは葉水を毎日あげて葉の乾燥を防ぎましょう。

葉水をあげると害虫などの発生も防ぐことができます。

肥料の与え方

肥料が無くても元気に育ちますが、肥料を与えた方が葉がつやつやして元気もいいです。

速効性の液肥を10日に一度与えるようにしましょう。

緩やかに効く置き肥の場合は月に一度くらい置くようにしましょう。

冬場は生育が緩やかになるか休眠してしまうので、肥料はあげないようにしましょう。

フィカス・プミラの選び方

害虫や病気のついていないものを選びましょう。

元気が良く、葉が多いものを選ぶようにしてください。

フィカス・プミラの増やし方

フィカス・プミラの増やし方は挿し木がおすすめです。

葉っぱを2枚くらい付けた茎を切り取って、2~3時間ほど水につけておきます。

挿し木をする時期は5月~7月が適しています。休眠期である冬はやめておいた方がいいでしょう。

水あげした挿し木を観葉植物用の土や赤玉土を混ぜた用土に挿し、根が出るまでは風通しのいい明るい日陰で管理しましょう。

土は根が出るまでは乾かないように湿っている状態を保ってください。根が出たら一つずつ鉢に植えましょう。

フィカス・プミラの植え替え

2~3年に一回が植え替えの目安ですが、小さい鉢を買ってしまった場合には早めに一回り大きい鉢に変えましょう。

小さな鉢は根詰まりを起しやすいので、ある程度大きくなるまでは毎年一回り大きい鉢に植え替える必要があります。

鉢が根でパンパンになっていたり、鉢の底から根が見えている場合には植え替えの合図です。

植え替えの時期は5月~7月が適しています。

病気・害虫

病害虫には強く、そこまで警戒が必要ではありませんが、風通しが悪いとカイガラムシがつくことがあります。

カイガラムシは排泄物で葉っぱに黒い斑点ができるスス病を発生させてしまうこともあるので、早めの駆除が必要です。

カイガラムシは成虫になると殺虫剤が効きづらいので、濡れた布巾か要らなくなった歯ブラシでこそげ落とすといいでしょう。

フィカス・プミラの毒性や危険性について

クワ科の植物なので、樹液には気を付けましょう。

体質にもよりますが、肌がかぶれたり蕁麻疹が出ることがあります。

とくに作業をするときは手袋を着用し、ペットや子供がいる場合には口に入れないように注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました