サンスベリアの育て方

観葉植物

上に真っ直ぐ伸びる葉がスタイリッシュな観葉植物、サンスベリアの育て方をまとめたページです。

丈夫で個性的な樹形がお洒落なためインテリア植物として非常に人気が高いです。

下記ではサンスベリアを上手に育てるポイントについて解説しています。

スポンサーリンク

サンスベリアの特徴

サンスベリアは熱帯アフリカや南アフリカ、マダガスカルなどの乾燥地を原産とする、キジカクシ科チトセラン属(サンセベリア属)の常緑多年草です。

葉が多肉質で乾燥に強く、熱帯や亜熱帯の乾燥地に約60種が自生しています。葉の模様や形はさまざまで、緑色単色のもの・横縞の斑が入るものがあり、株立ち状やロゼット状に育ちます。

マイナスイオンによる空気清浄効果があると話題になって脚光を浴び、近年人気が高まっている観葉植物です。草丈は5~100cmと幅広く、ミニ観葉や小鉢・中鉢などで年間を通して鑑賞できます。

水やりの回数が少なく済み、育てやすい植物なので、園芸初心者にもおすすめできる植物です。好みの葉形や葉色をいくつか選んで違いを楽しむこともできます。

基本データ

難易度 初心者向き
成長速度 速い
花・種 初夏に白い花が咲きますが滅多に見られません
日照量 日当たりを好みますが夏場の強い日差しは苦手です
温度 寒さに弱いので10℃以下にならないようにします
湿度 多湿に弱いため水はけの良い土を使用します
花言葉 永久、不滅

サンスベリアが好む環境

サンスベリアの花
サンスベリアの花

日当たりと置き場所

サンスベリアは日当たりを好みますが葉焼けを避けるため真夏の直射日光は避けましょう。

屋内で育てる場合

サンスベリアは寒さが苦手なので屋内で育てられることが多いです。

耐陰性がありますが、日当たりを好むためなるべく窓際などの日光が届く場所に置いてください。

ただし、室内で管理していても直射日光が当たると葉焼けを起こしてしまうため、レースのカーテン越し程度のやわらかい光を当てましょう。

乾燥には強いですが、エアコンの風が直接当たると傷んでしまうため置き場所には注意します。

屋外で育てる場合

サンスベリアは屋外で育てることもできますが、寒さが苦手な植物なので地植えや屋外での越冬は難しいでしょう。

屋外で管理する場合は、気温が10℃を下回ってきたら室内へ取り込むのが無難です。

また、サンスベリアは強い日差しに弱いため、真夏の直射日光が当たる場所に置くのは避けましょう。40℃を超えたら日陰に移します。

温度・湿度

サンスベリアは暑さには強いものの寒さには弱いので、育てる環境は10℃以上を保つのがおすすめです。

ベランダなどの屋外で育てている場合は外気が15℃を下回ってきたら室内に取り込みます。明るい場所に置けない場合は週に1~2度、日光に当ててあげましょう。

サンスベリアは乾燥地を原産とするため、土の過湿には弱いです。根腐れを防止するため植え付ける用土には水はけのよい土を使用してください。

用土

サンスベリアは乾燥に強く、土の過湿は好みません。土が常に湿っていると根腐れを起こすため、用土には水はけのよい土を使用します。

自作する場合は、赤玉土(小粒)5:腐葉土4:川砂1、もしくは赤玉土(小粒)7:軽石(小粒)3などの割合で混ぜた土を使用します。

ホームセンターなどで市販されている観葉植物用の培養土を使用してもよいでしょう。

サンスベリアを上手に育てるコツ

水やり

サンスベリアの水やりは季節によってタイミングを変える必要があります。

春から秋にかけての生育期には、鉢土が乾いてきたら水を与えるようにします。鉢底から水が流れ出るくらいの量が目安です。

夏場は日中の気温が高く、土の中が蒸れてしまうため午前中または夕方以降の水やりがおすすめです。

冬場はサンスベリアの生育が緩慢になり、水をあまり吸収しなくなります。気温が8度を下回る環境では水やりの必要はほとんどありません。

葉水

葉水には葉の乾燥を防ぐだけでなくハダニなどの害虫を予防する効果もあります。1日に1回は霧吹きなどで葉に水を吹きかけてください。

蒸れや凍結を防ぐため、夏は涼しい朝や夕方、冬は暖かい日中に与えます。

葉水を与える際、濡らしたティッシュペーパーやハンディモップなどで表面についたホコリを拭いてあげると見た目もよくなり、光合成もしやすくなります。

肥料の与え方

サンスベリアは基本的に肥料がなくても育ちますが、与えた方が速く成長します。

春から秋にかけての生育期に、緩効性の化成肥料を2か月に1度のペースで施します。液体肥料を使う場合は、規定の濃度に薄めたものを2週間に1回、水やりの代わりに与えましょう。

ただし、肥料を与えすぎると肥料焼けを起こして株が枯れる可能性があるので、与えすぎには注意してください。

冬の時期はサンスベリアの成長がゆるやかになるため施肥は不要です。

サンスベリアの選び方

サンスベリアを購入するときはハダニやアブラムシなどの病害虫が付着していないか必ず確認しましょう。

サンスベリアは肉厚な葉が特長なので、多肉質の葉が痩せておらず、できるだけ葉数の多いものを選んでください。

サンスベリアの増やし方

サンスベリアは株分けと葉挿しで数を増やすことができます。

株分けで増やす場合、鉢からサンスベリアを抜き出して古い土を軽く落とし、株ごとに鋏やナイフを使って切り分けます。

株元に付いている古い葉を落とし、日陰に1日置いて切り口を乾燥させましょう。切り口が乾いたら、サンスベリア用の土や自作した土を入れた鉢へ植え付けます。株がぐらつかない程度に土を入れて安定させます。

サンスベリアは多肉植物のように葉挿しでも増やせます。

まずはサンスベリアの葉を株元から1枚切り取り、5~10cm間隔で切り分けます。切り分けた葉は上下(伸びる方向と根元の方向)が分かるようにして、日陰で切り口を乾燥させましょう。

葉挿しには土挿しと水挿しの2つの方法があります。土挿しの場合は、用土を入れた鉢に葉を挿し、日陰に置いて発根するのを待ちます。水は根が出てから与えてください。

水挿しにする場合、葉が1/3ほど浸るくらいの水を入れたコップの中で発根させます。水は毎日交換してください。

サンスベリアの植え替え

サンスベリアを同じ鉢で育て続けていると、鉢の中に根がまわって根詰まりの状態になります。根詰まりは根腐れの原因となるため、2~3年に一度のペースで1~2回り大きな鉢へ植え替えましょう。

サンスベリアの植え付けの手順は以下の通りです。

  1. 新しい鉢の底穴に鉢底ネットを敷いて鉢底石を置く
  2. 鉢の1/3程度まで清潔な土を入れる
  3. 株を鉢から引き抜き古い土を落とし、乾燥させる
  4. 鉢にサンスベリアを置き、土を追加する
  5. 植え替え後1~2週間してから水やりをする

古い土は流水で洗い流すなどして落としますが、落としすぎると株がばらばらになるので、多少残っていてもかまいません。

植え替えのタイミングは生育期である5~8月が適しています。

病気・害虫

サンスベリアがかかる病気には「立ち枯れ病」があります。

立ち枯れ病にかかると葉や茎に斑点が現れ、病気が進行すると植物全体に病斑が広がります。立ち枯れの状態になることからこの名称が付けられています。

症状を見つけたら被害箇所を早めに切り取り、枯れ落ちた葉も処分してください。症状が大きい場合は薬剤を吹きかけて殺菌します。

サンスベリアに発生しやすい害虫には「アブラムシ」や「カイガラムシ」がいます。

これらの害虫は、葉や茎から栄養を吸い取って株を弱らせます。数が少ない場合は手袋をつけた手や粘着テープで取り除き、被害が大きい時は薬剤を使って駆除してください。

カイガラムシの成虫は殻が硬く薬剤が効きにくいため、歯ブラシなどでこすり落としましょう。

タイトルとURLをコピーしました