クレソンの食べ方

食用可能な植物

クレソンの食べ方を紹介しているページです。

スポンサーリンク

クレソンの基本データ(旬・食べ方や味)

やや辛い

可食部

葉、茎

認知レベル

野菜としても一般的

名称 オランダガラシ(阿蘭陀辛子)
別名 クレソン(仏名)、ミズガラシ、オランダミズガラシ、バンカゼリ
分類 アブラナ科オランダガラシ属
学名 Nasturtium officinale、N. nasturtium-aquaticum、N. aquaticum、Rorippa nasturtium-aquaticum
原産地 ヨーロッパ
分布 北海道、本州、四国、九州
3月~6月頃、基本的には1年中採取可
食べ方 入サラダ、あえもの、炒め物
自生場所 湧水地、小川、河原

クレソンの旬

123456789101112

クレソンの採り方

ほぼ1年中繁殖しているのを見かけますが、収穫に適している時期は春先です。 茎先部分の柔らかい葉を手で摘み取ります。

クレソンの味

ピリッとした辛味やほのかな苦みがある味わいです。大人の味というイメージでしょうか。

辛味、苦みを生かして肉料理の付け合わせに利用される事が多いです。

クレソンの下処理

サラダとして生食も可能です。

おひたしにする場合や、調理に使用する場合は軽く下茹でしても良いでしょう。 ひげ根部分は食べられないので、切り落として使ってください。

クレソンの見分け方と特徴

特徴 水生生物なので水が流れている場所を好み、繁殖していきます。 水がきれいな場所に育つというイメージが強いですが、汚水環境でも繁殖していく例もありますので、きれいな水場で繁殖しているものを選びましょう。
高さ 30cm~40cm程度
花の形と色 白い四弁花を穂状に咲かせます。
果実・種子 入花が咲いた後にさやに入った実をつけます。
長楕円形の小さな葉を3枚~9枚程度、羽状につけます。
春先だと茎も柔らかくて食べられるものも多いのですが、夏時期は茎が硬くなってしまいます。
似ている植物 オオバタネツケバナ
毒性・注意事項 自生しているクレソンは寄生虫等の心配がありますので、よく水で洗ってから食用にしてください。ひげ根の部分は食べられませんので、根は切り落としてから調理しましょう。

クレソンの葉、茎の写真

タイトルとURLをコピーしました